◆西日本豪雨災害でのHWT復旧募金のお知らせ

現在、西日本豪雨災害でのHWT復旧募金を募っています!
ご厚意(寄付)¥3,000に対してTシャツを1枚、¥2,000に対してキャップを一つ進呈させて頂きます。
詳細は、HWT-HP(本HP右側のリンク内「広島湾岸トレイル公式サイト」)、または下記連絡先よりお問い合わせ下さい。

■連絡先
・メールアドレス1:田川 mugenn@aqua.ocn.ne.jp
・メールアドレス2:山新 mttaka248@yahoo.co.jp

Tシャツとキャップについての詳細は、以下画像を参照下さい。

■Tシャツ-2018・参考画像
Tシャツー2018spec-list_2_01
(クリックで拡大)

■Tシャツ2015、2018&キャップ・参考画像
広島一願道300810b2
(クリックで拡大)

広告

風景・活動写真その39:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

■コースNo.22・調査隊2:早瀬班
(早瀬大橋~毘沙門堂~330.8m峰~298m峰~298m峰北)

00039_01
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・早瀬班):
毘沙門堂の角を左折して東にに向けて進む!

00039_02

00039_03
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・早瀬班):
毘沙門堂から東へ約100m地点の竹藪の北側窪地に、謎の石造りの廃墟2棟を発見!
調査後NET検索の結果、日露戦争当時に造られた早瀬保塁砲台跡と判明。

00039_04
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・早瀬班):
更に約200進んだ竹藪が途切れる地点に、南から北へ、北から西へ向かう明らかに人工的に造られたであろう幅広道があった(石造りの廃墟への道と推測される)。
ここを横切り北々東の330.8m峰に向かう!

00039_05
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・早瀬班):
幅広道~330.8m峰の中間点位にある旧海軍の判読困難な石碑!

00039_06
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・早瀬班):
298m峰北の音戸班との合流地点の防災路にあった手製の標識!


■コースNo.22・調査隊2:音戸班
(音戸の瀬戸~古観音山登山口~防災路~瀬戸島山下山口(339.1m峰)~298m峰北)

00039_07
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・音戸班):
音戸(隠戸)の古い街並みにある酒造所に沿って古観音山登山口に向かう調査隊!

00039_08
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・音戸班):
街並みを離れ山道を古観音山登山口に向かう調査隊!

00039_09

00039_10

00039_11

00039_12
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・音戸班):
古観音山登山口~瀬戸島山下山口(339.1m峰)間の防災路は至るとこで土砂崩れあり。
車両通行不可。歩行には注意必要!

00039_13

00039_14
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・音戸班):
瀬戸島山下山口(339.1m峰)の土砂崩れ!

00039_15

00039_16
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・音戸班):
瀬戸島山下山口(339.1m峰)から298m峰北に向かう調査隊の行く手を阻む倒木!

00039_17
(クリックで拡大)
★瀬戸コース(No.22・調査2・音戸班):
298m峰北で早瀬班との合流を果たし出発地点に戻る調査隊!


■コースNo.22・調査隊2:早瀬班、音戸班の合流地点298m峰北での集合写真!

00039_18
(クリックで拡大)

瀬戸コース(No.22・調査2)早瀬班(北進:3団体8人)と音戸班(2団体8人)が、無事298m峰で合流し、瀬戸島山下山口(339.1m峰)~毘沙門堂入口間は繋がり、迂回路が出来た!
参加者全員で「Vサイン」して、コースNo.22の全通の喜びを分かち合った!

風景・活動写真その36:着物女子と歩く…広島5低山&水辺ウォークpart2(広島駅~広島城~平和記念公園~比治山~京橋川東岸沿い~宇品港)

00036_1
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):広島城西側の並木道を秋のグリーンシャワーを浴びながら歩く!

00036_2
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):本川東岸沿いの低床道でのガイド風景!

00036_3
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):比治山神社参道でのガイド風景!

00036_4
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):比治山の秋色の樹木!

00036_5
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):京橋川東岸沿いの低床道を宇品港へ向けて歩く!

00036_6
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):京橋川東岸沿いから北方向を望む!

00036_7
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.27):ゴールの宇品港でのスタッフ!

風景・活動写真その35:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

00035_1
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):広島湾に浮かぶ似島の安芸小富士!

00035_2
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):
土砂で埋まっていた下高山登山口の道は、道脇に2m近い土砂を残すが開通していた!

00035_3
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):下高山に向かう登山口奥の驚愕の竹林倒壊現場の調査隊

00035_4
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):倒壊した竹林群を道脇に移動した後の山道!

00035_5
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):下高山に向かう登山口奥の崖側の土砂崩れ(歩行可能)!

00035_6

00035_7

00035_8
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):江田島の海峡を西に向かう船の航跡!

00035_9
(クリックで拡大)
★エキミナミコース(No.28・調査2):下高山山頂での調査隊!