風景・活動写真その260:美化活動とトレイル体験会2

「1人が1年に1回、鎌、鋏等を持って山に入り、100mの草刈りをする。この運動に3,000人の市民が参加すれば、300kmのトレイルは永続的な維持管理が可能」となります。

[美化活動]
主として車の乗り入れが可能な登山口周辺や山頂周辺の清掃、ゴミ回収&草刈りを業務としています。
特に長期予定は立てず臨機応変&必要に応じて平日に自車使用して機動的&ピンポイントで活動しています。

[トレイル体験会Ⅱ]
トレイル体験会1(2016.9~2018.4/29回開催)完了後に体験会2をスタートさせましたが、西日本豪雨災害やコロナ禍の為、紆余曲折を経て2022年9月に再開しました。

【1】11月2日の活動記録

美化活動1…2022年11月2日in愛宕神社周辺

[1.1]愛宕神社東側の駐車スペースにはゴミが見当たりません!

Pic.1.1.1

[1.2]そのフエンスに張り付けてあった手製の「ゴミすて禁止」の表示板!

Pic.1.2.1

[1.3]愛宕神社~鐘ヶ灯篭山間の回収したゴミ! 70Lゴミ袋✕3!

Pic.1.3.1

[1.4]愛宕神社への階段周辺も草刈りされていました!

Pic.1.4.1
Pic.1.4.2

[1.5]大師堂からの愛宕神社参道入り口周辺の草刈り前!草刈り後!

Pic.1.5.1
Pic.1.5.2

[1.6]愛宕神社からの絶景!

Pic.1.6.1

[1.7]TSさんの手製の超美味の「ほし柿」が振舞われました!

Pic.1.7.1

【2】11月9日の活動記録

美化活動2…2022年11月9日in呉野外活動センター周辺

[2.1]呉野外活動センター南側&西側周辺とも綺麗に整備されていました!
西側最北端の極細崖道への安全確保対策を実施しました!

Pic.2.1.1

[2.2]シダ刈後の補完的なシダ刈になりました!

Pic.2.2.1

[2.3]枯れ木、倒木も崖道での土砂流出を防ぐ自然の砂防ダムに!
立木に両端がかかるように倒木を置きます。

枯れ木や、落ち葉や流れ落ちた小石や土砂で自然界の砂防ダムが出来ます!

Pic.2.3.1

[2.4]呉野外活動センター南側の「天狗城山見岩」からの絶景!

Pic.2.4.1

【3】11月12日の活動記録

11/12ートレイル体験会2(HWTコースNo.25/江南橋~旧海軍兵学校展望地~小用港)

[3.1]小用港に向かう前の船中での「山歩き勉強会」!

Pic.3.1.1

[3.2]まるで「山歩き勉強会」的光景!

Pic.3.2.1
Pic.3.2.2
Pic.3.2.3
Pic.3.2.4

[3.3]江田島湾の牡蠣いかだ等を左に見ながら歩きます!

Pic.3.3.1

[3.4]江田島と言えば「牡蠣(広島県の2大生産地の一つ)と柑橘類の大生産地! 
トレイル沿線は柑橘類尽くし!

Pic.3.4.1
Pic.3.4.2

[3.5]季節は秋!なのに「ひまわり」が咲くミカン畑!

Pic.3.5.1

[3.6]「初めて見た、知った、食した」フルーツは地元の方から頂きました!

Pic.3.6.1
Pic.3.6.2

[3.7]眼下にみる「旧海軍兵学校」!

Pic.3.7.1

[3.8]帰路の船便の待ち時間は、江田島の観光案内!

Pic.3.8.1

[3.9]広島港に向かう船中から、航路の彼方を行くフエリーボート!

Pic.3.9.1

風景・活動写真その259:HWTのサポート活動

トレイルの案内、トレイルや山々での講座、講習会、勉強会やスポーツイベントなどにスタッフを派遣し、各種イベントをサポートするHWTの主要な活動の一つです。

【1】11月5日の活動記録

11/5-BC高松・山歩会様…HWTコースnNo.13/後半をサポート!

[1.1]スタート前、権現峠の入り口で30回来訪に感謝の意を伝えるT会長!

Pic.1.1.1

[1.2]先導する湾岸覇者No.29のRさん!

Pic.1.2.1

[1.3]大茶臼山南下にある「天空の展望岩」に立つBC高松のOさん!

Pic.1.3.1

[1.4]天空の展望岩でのHWT(293.8km)完歩の記念撮影!
横断幕はスタッフのMさんの力作!

Pic.1.4.1
Pic.1.4.2

[1.5]恋峠(HWTの愛称/地名は己斐峠)の天空階段(280段)は秋色!

Pic.1.5.1

[1.6]天空階段のご一行様!

Pic.1.6.1
Pic.1.6.2
Pic.1.6.3
Pic.1.6.4

[1.7]完歩祝い&最終回の慰労会は広島港の「牡蠣小屋」!

Pic.1.7.1

[1.8]全回参加の3方には、HWTbrandのCAP(AAM)をプレゼント!

Pic.1.8.1
Pic.1.8.2

[1.9]全参加者にHWTbrandの缶バッチと日本手ぬぐいをプレゼント!

Pic.1.9.1
Pic.1.9.2

[1.10]最終回のご挨拶(来春開通予定の新ルートでの再会を願って有終の美を飾りました)!

Pic.1.10.1

【2】11月6日の活動記録

11/6ー第10回可部連山inあさきた(HWTコースNo.8、9、10)の「歩哨&救護班」として例年の如くサポート!

[2.1]トレラン大会のポスター!

Pic.2.1.1

[2.2]トレイルの山々は秋色に染まっていました!

Pic.2.2.1

[2.3]816峰(小掛山)ポイントには、HWTCから出場の横断幕(Ýさんの力作)が掲げられました!

Pic.2.3.1

[2.4]破損して落下していた標識を修復!

Pic.2.4.1

[2.5]湾岸覇者(run-no1)&広島湾岸トレイルラン(108km)完走のITさんは笑顔で通過!

Pic.2.5.1
Pic.2.5.2

[2.6]横断幕前で記念撮影!

Pic.2.6.1

[2.7]775峰・山車展望台ポイントを通過するITさん!

Pic.2.7.1

[2.8]このポイントには、HWTbrandの日本手ぬぐいで作った応援旗が立てられました!

Pic.2.8.1

風景・活動写真その258:新ルート探査

JAPANトレイル構想(沖縄~北海道をロングトレイルで繋ぐ)の一環として、HWTは下記3ルートを予定しています。

■(仮称)芸備ルートはHWTコースNo7~JR白木山駅~JR芸備線に沿って北進して鳥取県へ繋ぎます。
既に、2/9~現地探査を開始しております。

◆(仮称)宮島大竹ルートはHWTコースNo.17、18~JR前空駅~山陽本線に沿って西進し山口県へと繋ぎます。
既に、昨年12/22~現地探査を開始しております。

●(仮称)芸南ルートはHWTコースNo.20~呉、三原線に沿って東進し、尾道・しまなみ海道・四国へと繋ぐ予定でいますが、準備整い次第での探査開始となります。

10/26ー(仮称)宮島大竹ルート6回目の探査in大竹市2!

[1]亀居城跡の入り口の西念寺!

Pic.1.1

[2]城跡から見た宮島!

Pic.2.1

[3]城跡内を歩きます!

Pic.3.1

[4]城内の案内板!

Pic.4.1

[5]西国街道・大竹路の苦の坂峠手前にある謎の〒小屋?
山口県と広島県との郵便物の中継場所とか?

Pic.5.1

[6]苦の坂峠の分岐!

Pic.6.1

[7]案内板と標識!

Pic.7.1
Pic.7.2
Pic.7.3

[8]232.7峰(立戸山)に向かう山道!

Pic.8.1

[9]地図を確認しながら進みます!

Pic.9.1

[10]232.7峰から見た大竹市街地。右側は和木町!

Pic.10.1
Pic.10.2

[11]白石方面に向かう広い山道を下ります!

Pic.11.1

[12]大河原山展望台からの眺望!

Pic.12.1

[13]白石下山口手前の竹林!

Pic.13.1

[14]県境の大和橋・大竹側にある西国街道の石柱!

Pic.14.1
Pic.14.2
Pic.14.3

[15]大和橋・大竹側にある「長州之役」の石碑!

Pic.15.1

[16]橋中央にある県境を跨ぐT大竹山の会会長!

Pic.16.1

[17]県境で大竹山の会と探査班との記念撮影!
*大和橋…大竹の「大」、和木町の「和」を取り命名されたようです!

Pic.17.1

[18]大和橋から大竹駅に向かう途中に、何故か「スペイン村」の通りがありました!

Pic.18.1

風景・活動写真その257:トレイル体験会Ⅱ再開!&山歩き入門講座スタート!

トレイル体験会Ⅱは、トレイル体験会1(2017.9~2018.4/29回開催)に次いで2018年9月よりスタートの予定でしたが、西日本豪雨災害の為、中止、順延を余儀なくされ翌年の2019年9月からHWT293.8kmを31回の予定で全踏破を目指しスタートしました。
然しながら2020年2月からのコロナ禍の為、またもや中止順延を余儀なくされていましたが、2022年10月からの再開に漕ぎつけました。
また、山歩き入門講座は、山岳史上初めてかもの講師、受講生の「man to man」方式での講座として毎月1回全6回での講座としてスタートしました。

【1】トレイル体験会Ⅱ

トレイル体験会Ⅱ:10/8ーHWTコースNo.24(大柿高校前~水源地公園~真道山~江南橋)!

[1.1]スタート地点の大柿高校前付近での事前打ち合わせ!

Pic.1.1.1

[1.2]道中は江田島の自然観察もしながら歩きます!

Pic.1.2.1

[1.3]特大のアケビが一行を出迎えてくれました!

Pic.1.3.1

[1.4]山の知識UP!その都度立どまりミニ講座を開催します!

Pic.1.4.1
Pic.1.4.2

[1.5]山の技術UP!その都度、地図とコンパスの実地訓練をします!

Pic.1.5.1
Pic.1.5.2

[1.6]真道山山頂への看板と山頂前の心臓破りの急傾斜の階段!

Pic.1.6.1
Pic.1.6.2

[1.7]山頂から似島方面の絶景を望みます!

Pic.1.7.1

[1.8]山頂の展望塔からスタッフのランチ風景を撮りました!

Pic.1.8.1

[1.9]お楽しみ抽選会開催!幸運の三方には「HWT・日本手ぬぐい」が当たりました!

Pic.1.9.1

[1.10]江南橋バス停が本日のゴールです!

Pic.1.10.1

[1.11]地元の江田島トレッキング倶楽部(O会長)にイベント企画を提案し、意見&情報交換しました!

Pic.1.11.1

【2】山歩き入門講座1

山歩き入門講座1:毎月第四日曜日開講(2022.10~2022.3)!

[2.1]座学:2時間にわたり、服装、装備と地図のみ方、コンパスの使い方等の基本から始めました!

Pic.2.1.1

[2.2]登山口で地図を見ながらコンパスを合わせます!

Pic.2.2.1

[2.3]各ポイントで行先(目的地)に合わせコンパスを操作します!

Pic.2.3.1

[2.4]山頂では、目に見える行く先(目的地)の場合でのコンパスの合わせ方を訓練します!

Pic.2.4.1

[2.5]各班(3班制5人、4人、4人)」ごとの山頂ミーテイング!

Pic.2.5.1

[2.6]山頂でのワンポイント講座!

Pic.2.6.1

[2.7]下山口の鈴ヶ峰公園でのワンポイント講座!

Pic.2.7.1
Pic.2.7.2

[2.8]解散前のティータイム!

Pic.2.8.1

風景・活動写真その256:1人100m草刈り運動「草刈り隊」と「美化活動班」

「1人が1年に1回、鎌、鋏等を持って山に入り、100mの草刈りをする。
この運動に3,000人の市民が参加すれば、300kmのトレイルは永続的な維持管理が可能」となります。
「草刈り隊」…HWTの全コースを1年に1回以上/月に2回以上巡視&草刈りしてトレイルの保守に努めています。
[美化活動班]…主として車の乗り入れが可能な登山口周辺や山頂周辺の清掃、ゴミ回収&草刈りを業務としています。
特に長期予定は立てず臨機応変&必要に応じて平日に自車使用して機動的&ピンポイントで活動しています。

【1】10月5日の活動記録

平日機動”美化班”:10/5ー己斐峠の天空階段の草刈りとTC1000-TR2022の抽選会を実施しました!

[1.1]草刈り用品!

Pic.1.1.1

[1.2]草刈り!

Pic.1.2.1
Pic.1.2.2
Pic.1.2.3
Pic.1.2.4

[1.3]草刈り中に大量に付着した秋の難敵!

Pic.1.3.1

[1.4]133枚の抽選券!

Pic.1.4.1

[1.5]その抽選権を小袋に入れます!

Pic.1.5.1

[1.6]抽選会立ち合いの3者が順次当たり券を取り出します!

Pic.1.6.1
Pic.1.6.2
Pic.1.6.3

【2】10月12日の活動記録

平日機動”美化班”:10/12ーHWTコースNo.16(折敷畑山)の巡視&草刈りをしました!

[2.1]落ち葉が堆積した山道の小枝や流れ落ちてきた古木を取り除きます!

Pic.2.1.1

[2.2]山道沿いには小ぶりのアケビの群生地があります!

Pic.2.2.1

[2.3]分岐点では「赤テープ矢印運動」を実践します!

Pic.2.3.1

[2.4]このコースの草刈りポイントは、①山頂への分岐の古戦場跡、②古戦場跡からの下山口2ヶ所の草むらと笹群生地、③下山口近くの山側の大型シダの群生地です!

Pic.2.4.1
Pic.2.4.2

[2.5]台風11、14号の為、倒木は幾多にも及びました!

Pic.2.5.1
Pic.2.5.2
Pic.2.5.3
Pic.2.5.4

[2.6]自家農園で採れた新鮮な超美味な「茹でピーナッツ」がÝTさんより振舞われました!

Pic.2.6.1

[2.7]本日の参加メンバー!

Pic.2.7.1

【3】10月19日の活動記録

平日機動”美化班”:10/19ー木ノ宗山上深川下山口の整備と水越峠の美化を実施しました。

[3.1]木ノ宗山上深川下山口は急傾斜で左に直角に曲がりますが、曲がり角は90度近い断崖。安全確保のための整備を10/16に次いで実施しました!

Pic.3.1.1

[3.2]下山口~養老橋間のがれ場は、トレラン大会約500人が走ったことで踏み固められていました!

Pic.3.2.1

[3.3]養老橋東詰めにはキンモクセイの大樹とたわわに実った山柿が秋を演出します!

Pic.3.3.1

[3.4]水越峠のゴミは70L×6袋回収しましたが、道路側(フエンス外側)はチラホラのゴミですが、フエンス内側に明らかに不法投棄と思われるものや投げ入れゴミが散乱していました!

Pic.3.4.1