風景・活動写真その28:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

00028_1
(クリックで拡大)
★広島コース(No.3):矢野天神~大師堂~愛宕神社参道を登った鳥居前を行く!

00028_2
(クリックで拡大)
★広島コース(No.3):愛宕神社へ登る階段前の鳥居横の斜面が大崩落!辛うじて通路は残るが・・・

00028_3
(クリックで拡大)
★広島コース(No.3):愛宕神社から金ヶ燈篭山へ向かう舗装された参道が大崩壊!舗装路流失!

00028_4
(クリックで拡大)
★広島コース(No.3):愛宕神社から金ヶ燈篭山へ向かう舗装された参道が大崩壊。倒木が道を塞ぐ!

00028_5
(クリックで拡大)
★広島コース(No.3):愛宕神社から金ヶ燈篭山へ向かう舗装された参道が大崩壊。巨岩が道を塞ぐ!

00028_6
(クリックで拡大)
★広島コース(No.3):愛宕神社から金ヶ燈篭山へ向かうゴルフ練習場手前の舗装された参道を埋め尽くす土砂!!

広告

風景・活動写真その27:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

00027_1
(クリックで拡大)
★広島コース(No.12):阿武山登山口に向かう柳瀬大橋手前の調査隊!

00027_2
(クリックで拡大)
★広島コース(No.12):阿武山山頂から、広島市東部方面の市街地を望む!

00027_3
(クリックで拡大)
★広島コース(No.12):阿武山登山口から尾根を目指して登る調査隊1!

00027_4
(クリックで拡大)
★広島コース(No.12):阿武山登山口から尾根を目指して登る調査隊2!

00027_5
(クリックで拡大)
★広島コース(No.10):スタート地点の中電南原研修センター横で調査前の打ち合わせする調査隊!

00027_6
(クリックで拡大)
★広島コース(No.10):福王寺境内の金の亀がいると言う伝説の金亀池を見いる調査隊!

00027_7
(クリックで拡大)
★広島コース(No.10):正面に阿武山北峰、阿武山。右に茶臼山、螺山を望む展望地!

00027_8
(クリックで拡大)
★広島コース(No.10):亀山の下山口近くにある治山ダム。堆積した土砂でダムは満杯状態!

風景・活動写真その26:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

00026_1
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.16):折敷畑山への登山口を確認中の調査隊!

00026_2
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.16):通路確保の為、折れた枝の移動作業!

00026_3
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.16):折敷畑山古戦場跡下の登山路を覆う竹類の刈り取り作業(鎌、鋏:手作業)!

00026_4
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.16):
シダ類の群生地域。崖淵の細い登山道故、山側から伸びるシダの刈り取りは安全登山推進の必須条件!

00026_5
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.15):霞む広島市西方面の市街地を極楽寺の林間から望む!

00026_6
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.15):極楽寺の展望台での調査隊(集合写真)!

00026_7
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):さぁ~草刈から始めよう!

00026_8
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):広島湾西部の湾岸と宮島北端が遠く霞む!

00026_9
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):鈴ヶ峰西峰西地から、五日市の市街地を見る調査隊!

00026_10
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):眼下に鈴ヶ峰ゴルフ場、五日市の市街地、遠く霞む宮島を望む!

00026_11
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):登山路を妨げる倒木の移動作業1

00026_12
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):登山路を妨げる倒木の移動作業2

00026_13
(クリックで拡大)
★広島コース(No.14):登山路を妨げる倒木の移動作業を終えた調査隊!

風景・活動写真その25:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

00025_1
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):高見山(559峰)南、375峰手前の送電線鉄塔(No.79)から宮島大鳥居方面を望む調査隊(20180902)メンバー!
HWTbrandのTシャツ-2018(白)、2015(紺)の背面と宮島、青い空、白い雲、山の緑が絶妙!!

00025_2
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):船倉山(545.6峰)の岩場から宮島北端部を望む調査隊(20180902)メンバー!
HWTbrandのTシャツ123-2015(紺)、2018(白)とキャップ(FC2・紺)が眩しく輝く!!

00025_3
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):御手洗川登山口近くの林道での調査隊一行!

00025_4
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):送電線鉄塔(No.72)から北東(四季ヶ丘、廿日市方面)を望む!

00025_5
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):375峰からの荒れ気味な下山路を下りる調査隊一行!

00025_6
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):鉱山跡下の高見川渡河地点で休憩中の調査隊一行!

00025_7_治山ダム
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):
船倉山・四季が丘登山口近くの御手洗川にある治山ダム。
堆積した土砂でダムは満杯!

00025_8_砂防ダム_1

00025_9_砂防ダム_2
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):
高見川にある砂防ダムは6基。上流の4基を視認。
何れも堆積した土砂でダムは満杯!
画像は上流の2基!

00025_10_船倉山への登り
(クリックで拡大)
★宮島コース(No.17):
滑りやすく長い急傾斜地の545.6m峰(船倉山)登山路を登る調査隊!