風景・活動写真その49:HWT復旧特別企画No.1

西日本豪雨災害の被災地の復旧、復興を願って訪ねる。
HWT復旧特別企画No.1:似島港~安芸小富士~下高山~似島港を歩く!

[1]
00049_01

00049_02
(クリックで拡大)
予期しない、想像も出来ない、思わぬ雪化粧のなかを安芸小富士を目指し歩く!

[2]
00049_03
(クリックで拡大)
雪景色の美しさに感動し、急坂にも負けない笑顔が弾ける!

[3]
00049_04
(クリックで拡大)
安芸小富士に向かう山中の白雪舞うなか、雪間から眼下の長谷(似島学園桟橋)方面を望む!

[4]
00049_05
(クリックで拡大)
雪の安芸小富士山頂から、舞う雪で霞む峠島方面を望む!

[5]
00049_06
(クリックで拡大)
雪の下高山での集合写真!
.
.
.


 

風景・活動写真その48:ベースキャンプ高松店・山歩会様と瀬戸コース踏破

平成30年3月17日から、瀬戸コース(コースNo.19~26/8コース/79.9km)の全踏破を目指し、香川県高松市からベースキャンプ高松店・山歩会様(22名)ご来広No.8!
西日本豪雨災害後も被災地への応援として来広され、平成31年1月19日、遂に瀬戸コースを17名の方が全踏破されました。
又、被災地の復旧、復興を願いに、2月からは駅南、宮島コースを歩かれます。

[1]
00048_01

00048_02
(クリックで拡大)
古鷹山の岩場を登る!

[2]
00048_03
(クリックで拡大)
古鷹山山頂から、江南橋方面を望む!
遠く霞む左奥に倉橋島、その右手に陀峯山。
その右手前には真道山の山並みが見える!

[3]
00048_04
(クリックで拡大)
古鷹山山頂での集合写真!

[4]
00048_05
(クリックで拡大)
古鷹山~クマン岳間の林道で、地元の江田島トレッキング倶楽部様による「牡蠣鍋のおもてなし」に、ご一行様はとても喜んで下さいました。

[5]
00048_06
(クリックで拡大)
クマン岳山頂での集合写真!

[6]
00048_07
(クリックで拡大)
クマン岳下山途中の林間から望む眼下の切串港!

[7]
00048_08
(クリックで拡大)
切串港からの船中でくつろぐ3人のガイドさん!
.
.
.


風景・活動写真その47:瀬戸コースのオプションコース探査

瀬戸コース(No.23)-オプションコース探査(陀峯山~茶臼山~深江港~大柿高校前)!

00047_01
(クリックで拡大)
陀峯山・山頂から、冬晴れの瀬戸内海の遠く霞む大竹、岩国方面を望む!
左手中央の超小粒2島が茶臼山。左端中央が長島。右端手前に竹野島、その奥が大黒神島。
中央奥に姫小島、その背後に霞むのが大竹、岩国の山並み。

00047_02
(クリックで拡大)
陀峯山・山頂から、冬の午後の暖かい陽ざしの中に浮かぶ船と広島県一低山の茶臼山(11m)を望む!

00047_03
(クリックで拡大)
穏やかな瀬戸の海面に浮かぶ広島県一低山の茶臼山(11m/左の島)!
干潮時にしか登頂出来ない訳あり超低山!
.
.
.


広島の山岳界に”スーパーキッズ”現る!

広島市内中区在住の5才の男児I君。
彼は2017年の12月(4歳)の時から、「あさきた里山マスター」へのチャレンジを始めました。
2018年12月9日には雪の可部冠山を登頂、その後も片廻山、備前坊山と登頂。
更にその後の今年1月6日に押手山に次いで白木山の登頂を果たしました。
父親同伴ながら、5才にして里山マスター197番目の全39山の登頂者となりました!
正に、西日本豪雨災害からの復旧、復興を目指す我が広島の明日への希望の星!

又、可部冠山(735.6m)、備前坊山(789.2m)、押手山(706.5m)、白木山(888.9m)は、何れもHWTコース上にあります。

02001_01

02001_02
(クリックで拡大)
白木山山頂、可部冠山山頂のI君

02001_03
(クリックで拡大)
安佐北区から贈呈されたメタル。手前から「クリスタルNo.197、ブロンズ、シルバー、ゴールド」

02001_04
(クリックで拡大)
押手山登頂挑戦中のI君
.
.
.


風景・活動写真その46:2019年初詣&交流会

2019年・初詣(宮島:HWTコースNo.18)&交流会開催!
4団体+市民の総勢28人が宮島桟橋~大元公園~駒ヶ林~弥山~大聖院~宮島桟橋を西日本豪雨災害からの復旧、復興を願って歩き、大聖院にお参りしました。

00046_01
(クリックで拡大)
駒ヶ林山頂での集合写真
.
.
.