広島の山岳界に”スーパーキッズ”現る!

広島市内中区在住の5才の男児I君。
彼は2017年の12月(4歳)の時から、「あさきた里山マスター」へのチャレンジを始めました。
2018年12月9日には雪の可部冠山を登頂、その後も片廻山、備前坊山と登頂。
更にその後の今年1月6日に押手山に次いで白木山の登頂を果たしました。
父親同伴ながら、5才にして里山マスター197番目の全39山の登頂者となりました!
正に、西日本豪雨災害からの復旧、復興を目指す我が広島の明日への希望の星!

又、可部冠山(735.6m)、備前坊山(789.2m)、押手山(706.5m)、白木山(888.9m)は、何れもHWTコース上にあります。

02001_01

02001_02
(クリックで拡大)
白木山山頂、可部冠山山頂のI君

02001_03
(クリックで拡大)
安佐北区から贈呈されたメタル。手前から「クリスタルNo.197、ブロンズ、シルバー、ゴールド」

02001_04
(クリックで拡大)
押手山登頂挑戦中のI君
.
.
.


広告

風景・活動写真その46:2019年初詣&交流会

2019年・初詣(宮島:HWTコースNo.18)&交流会開催!
4団体+市民の総勢28人が宮島桟橋~大元公園~駒ヶ林~弥山~大聖院~宮島桟橋を西日本豪雨災害からの復旧、復興を願って歩き、大聖院にお参りしました。

00046_01
(クリックで拡大)
駒ヶ林山頂での集合写真
.
.
.


風景・活動写真その45

瀬戸コース(コースNo.19~26/8コース/79.9km)の全踏破を目指し、香川県高松市からベースキャンプ高松店・山歩会様(22名)来広No.7!
広島湾岸トレイル協議会の「HWT宣伝隊(きものでお山倶楽部)」4人が同道し、コース案内と宇品牡蠣小屋案内をしました。

■コースNo.25(江南橋~旧海軍兵学校展望地~小用港)
00045_01
(クリックで拡大)
江田島湾と砲台山を背景に「1、2の2」の集合画像!

00045_02
(クリックで拡大)
江田島湾の彼方に野登呂山とその稜線を望む!

00045_03
(クリックで拡大)
初冬のやわらかな陽を背に浴びながら、のどかな山麓の小道を小用港に向かう!

00045_04
(クリックで拡大)
切串港~宇品(広島)港間のフエリーでくつろぐHWT宣伝隊(きものでお山倶楽部)」!
.
.
.


風景・活動写真その43:早瀬保塁砲台跡探査

コースNo.22迂回路調査時に、深い藪の中にある日露戦争当時に造られた石造り、レンガ造りの3ヶ所に及ぶ砲台跡(遺跡)の建造物を偶然に発見した。
その確認の為の探査(2018.12.01)をした。

00043_01
(クリックで拡大)
探査前に、車道からルート確認をする探査班!

00043_02
(クリックで拡大)
遺跡への入り口と思われる山道!

00043_03
(クリックで拡大)
標高300m付近の尾根にある「第2砲台跡」の半地下の石づくりの遺跡!

00043_04
(クリックで拡大)
第2砲台跡にある「砲座292.6m」の石碑!

00043_05
(クリックで拡大)
第2砲台跡にある半地下のレンガ造りづくりの遺跡!

00043_06
(クリックで拡大)
第2砲台跡にある半地下の石&レンガ造りづくりの遺跡!

00043_07
(クリックで拡大)
第1、2砲台跡と観測所跡は塹壕型の連絡道で繋がっていた!

00043_08
(クリックで拡大)
第2砲台跡の北、標高320m付近の小高い尾根にある観測所・レンガづくりの下部!

00043_09
(クリックで拡大)
標高320m付近の小高い尾根にある観測所・コンクリートづくりの上部!

00043_10
(クリックで拡大)
観測所跡の北北西、331m峰を盾にしたかの如くの第1砲台跡の石づくりの遺跡!

00043_11
(クリックで拡大)
第1砲台跡の半地下建造物!

00043_12
(クリックで拡大)
第1砲台跡の溜弾砲坐跡!

00043_13
(クリックで拡大)
第1砲台跡の石造りの2棟の建屋は深い藪に包まれていた!

00043_14
(クリックで拡大)
夕暮れ近い早瀬大橋を西南に望む!

00043_15
(クリックで拡大)
探査を終え落葉の防災路を帰路についた探査班!