風景・活動写真その89:広島湾岸トレイル(291.9km)全踏破者が二人同時誕生!

きものでお山倶楽部(広島湾岸トレイル協議会所属)の森本美津子さんと浜井啓子さんは、2016年9月10日の「HWTを歩く・トレイル体験会Ⅰ」から全踏破を目指して歩き始められました。
ですが、2018年7月の豪雨災害やその後の復旧活動等で全踏破活動の中断を余儀なくされていました。
然しながら多くの方々に支えれた復旧、復興活動の結果、「HWTを歩く・トレイル体験会Ⅱ」は昨年9月28日に開始されました。
また、同時期に「広島湾岸トレイル全踏破認定制度”湾岸覇者”」もスタートしましたことから、何れもHWT切っての難コースの未踏破2コースを1月18日に、HWTコース No.8(三入公民館~503峰~686峰~備前坊山(789.2m)~中倉峠~711峰~775峰~816峰(小掛山)~716峰~可部峠~可部冠山登山口/2峠8山)を踏破。
翌週1月25日に、HWTコース No.8(海田総合運動公園~新峠~洞所山(641.1m)~591峰~天狗防山(512m)~原山(671.9m)~676峰~鉾取山(711.1m)~514峰~舛越峠~499.5峰(坂山)~JR瀬野駅)/2峠8山)を踏破して、HWT公認史上の全踏破者としては第2番目(No.2-1、2/2名)の全踏破を達成されました。
尚、全踏破者一番目は、2018年3月24日3名様が同時達成されています(湾岸覇者 No.1-1、2、3/3名)。

[1] 1月18日:HWTコース No.8から…
Pic.1.1
[Pic.1.1] HWTの北端のあせびの丘で方向確認する!
Pic.1.2
[Pic.1.2] 可部連山トレラン大会で毎回歩哨&救護班を担当する場所で記念撮影!

[2] 1月25日:HWTコース No.4~
Pic.2.1
[Pic.2.1] 新峠の旧軍の石碑…さぁ~今から歩くんだぁ~!
Pic.2.2
[Pic.2.2] 原山のアンテナ群の前でひと休憩!
Pic.2.3
[Pic.2.3] 鋸切の歯状態のUP…キツーィ登り!
Pic.2.4
[Pic.2.4] 鋸切の歯状態のDOWN…落葉で滑る急坂!

[3] JR瀬野駅に着いて「全踏破達成」。喜びの記念撮影!
Pic.3.1
[Pic.3.1]

[4] ”湾岸覇者”のロゴ
Pic.4.1
[Pic.4.1]

風景・活動写真その82:北大御一行様HWT視察

12月11、12日に、北海道大学・観光高等学研究センターのご一行様が、札幌一周トレイル計画の一環として、広島湾岸トレイルを視察に来広されました。

[1] 12月11日にHWTのメンバーが新幹線口でお迎えしました!
Pic.1.1
Pic.1.2
Pic.1.3
[Pic.1.1-3]

[2] 広島エキミナミコース(HWT No.27)を歩きました!
Pic.2.1
[Pic.2.1] 縮景園前
Pic.2.2
[Pic.2.2] 広島城東門
Pic.2.3
[Pic.2.3] 広島城の堀の鯉
Pic.2.4
[Pic.2.4] 広島城天守閣前
Pic.2.5
[Pic.2.5] 本川東岸沿い
Pic.2.6
[Pic.2.6] 原爆ドーム
Pic.2.7
[Pic.2.7] 相生橋上
Pic.2.8
[Pic.2.8] 慰霊碑前
Pic.2.9
[Pic.2.9] 平和公園内元安川西岸

[3] 北大・HWTの交流会
Pic.3.1
[Pic.3.1] お好み村斜前(新天地)
Pic.3.2
[Pic.3.1] 新幹線口の居酒屋

[4] 12月12日は広島コース(HWT No.14)を歩きました!
Pic.4.1
[Pic.4.1] 鬼ヶ城山登山口
Pic.4.2
[Pic.4.2] 登山口近くの竹林
Pic.4.3
[Pic.4.3] 鈴ヶ峰に向かう一行
Pic.4.4.1
Pic.4.4.2
Pic.4.4.3
Pic.4.4.4
[Pic.4.4.1-4] 鈴ヶ峰山頂から広島湾を望む
Pic.4.5
[Pic.4.5] 鈴ヶ峰山頂に勢揃い
Pic.4.6
[Pic.4.6] 鈴ヶ峰山頂でのおもてなし(柿)

[5] HWT地元加盟団体、HWT、北大様との意見交換会
Pic.5.1
[Pic.5.1]

札幌トレイル開通時には必ず「訪ねます」と再会の固い約束を交わし、2日間の全日程を終えました。

風景・活動写真その67:季節の花めぐり企画3(コースNo.8 / 三入東~出雲街道~浜ヶ谷~ 大薄集落跡~備前坊山~浜ヶ谷)

広島湾岸トレイルの秘境!
誰もが目にしたことの無い、山深い谷筋を埋め尽くす山紫陽花の大群生地を歩く!

00067_01_01
00067_01_02
00067_01_03
00067_01_04
00067_01_05
00067_01_06
00067_01_07
[1]咲き乱れる山紫陽花 その1

00067_02_01
00067_02_02
00067_02_03
[2]咲き乱れる山紫陽花 その2

00067_03_01
00067_03_02
00067_03_03
00067_03_04
00067_03_05
00067_03_06
[3]咲き乱れる山紫陽花 その3

00067_04_01
[4]備前坊山・山東前最後の登り

00067_05_01
[5]備前坊山・山頂

00067_06_01
[6]古道・出雲街道沿いの民家

00067_07_01
00067_07_02
[7]HWT名物-おもてなし・ガリガリ君

風景・活動写真その40:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

■コースNo.7(上深川~鬼ヶ城山~白木山~押手山~高谷~三入東)
H26.8の土砂災害で林道崩壊の為、閉鎖していたが、林道復旧したことから白木山~押手山~高谷を調査!

00040_01
(クリックで拡大)
★H26.8当時の案内板が今も残っていた!

00040_02
(クリックで拡大)
★高谷からの林道と山道の境目付近に残る土石流の小岩石群!

00040_03
(クリックで拡大)
★崩落して幅狭になった山道を注意深く進む調査隊!

00040_04
(クリックで拡大)
★伸び放題のシダを刈る調査隊!

00040_05
(クリックで拡大)
★岩石群の沢を注意深く渡る調査隊!

00040_06
(クリックで拡大)
★白木山~押手山間の紅葉と桧林!

00040_07
(クリックで拡大)
★白木山山頂での調査隊の集合写真!

00040_08
(クリックで拡大)
★白木山からの秋の眺望!

風景・活動写真その33:西日本豪雨災害・被災状況調査隊(調査&踏査&整備)

00033_1
(クリックで拡大)
★広島コース(No.1):烏帽子岩山登山口に向かう調査隊!

00033_2
(クリックで拡大)
★広島コース(No.1):天狗城山見岩展望地より、眼下の天応西条の街、遠く江田島切串や似島を望む!

00033_3
(クリックで拡大)
★広島コース(No.1):さぁ~草刈だ!

00033_4
(クリックで拡大)
★広島コース(No.1):中国自然歩道を塞ぐ倒木に超特大猿の腰掛!

00033_5
(クリックで拡大)
★広島コース(No.1):呉野外活動センター~県道66号線間遊歩道への土砂流失!

00033_6
(クリックで拡大)
★広島コース(No.1):呉野外活動センター~県道66号線間遊歩道沿いの砂防ダム!

00033_7
(クリックで拡大)
★広島コース(No.2):天拘城山の展望岩での調査隊集合写真(背景は江田島の山並)!

00033_8
(クリックで拡大)
★広島コース(No.2):絵下山山頂公園手前の土砂崩れで山道崩壊!
崩壊現場手前で右巻き迂回路あり。

00033_9

00033_10

00033_11

00033_12
(クリックで拡大)
★広島コース(No.2):スズメ蜂に注意!
場所:二艘木分岐から約100m位絵下山に寄った展望地の東屋内の天井
*地図の赤丸(東屋)部分。

00033_13
(クリックで拡大)
★広島コース(No.4):坂山からJR瀬野駅間のR2手前山中にある広島水道局瀬野川第4調整池/浄化水槽タンク施設とR2を結ぶ車道が崩壊!
山側を迂回にて通行する調査隊!

00033_14
(クリックで拡大)
★広島コース(No.4):R2側から見た崩壊した車道!

00033_15
(クリックで拡大)
★広島コース(No.4):安芸区が建てた坂山への通行禁止札!

00033_16
(クリックで拡大)
★広島コース(No.5):出発前(JR瀬野駅)の調査隊!

00033_17
(クリックで拡大)
★広島コース(No.5):高城山登山口に手前の桑原川の治山ダム!

00033_18
(クリックで拡大)
★広島コース(No.5):藤ヶ丸山手前の車道(立石藤ヶ丸線/林道)沿いの山崩れ!

00033_19
(クリックで拡大)
★広島コース(No.5):藤ヶ丸山への立ち入り禁止の案内版(高圧線工事期間12月末迄)!

00033_20
(クリックで拡大)
★広島コース(No.5):三本木山山中で、倒木を見つめる調査隊!